おすすめネガフィルム

虹の見える橋【古宇利大橋】

虹を撮影するコツ

虹の見える場所へ

誰もが見たくなる大きな虹。

虹は太陽の光と雨つぶの反射によってつくられるため、雨上がりやお天気雨のような天気には虹が見られるチャンス。

 

虹のつくられやすい環境である、スコールの多い南国では虹がよく現われます。

大きな虹を見るなら沖縄がおすすめ。

今回撮影した場所は、沖縄県にある古宇利大橋(こうりおおはし)です。

古宇利大橋は、今帰仁村(なきじんそん)の古宇利島と名護市の屋我地島(やがじしま)をつなぐ1960mの橋。

絶景の橋をドライブしていると、きれいな虹に出会いました。

 

美しい海にかかる虹。

ドライブ中でもこんなにきれいに撮ることができました。

 

撮影機材

虹を撮影するには特別な機材は必要ありません。

コンデジでもスマホでもOK。

 

今回撮影したカメラはSONYのRX100M3

SONYの高級コンデジ、サイバーショットRX100シリーズ。

RX100シリーズは新作のRX100M6まで発売されています。

ポケットに入るくらいコンパクトなのに、本格的なスナップが撮れます。

フットワークを軽くしたいならおすすめのカメラです。

 

カメラの設定モード

虹を撮るのにおすすめの設定は、自由です!

 

強いて言うなら、プログラムオート。

JPEGよりRAWといったところでしょうか。

RAW現像した方が虹のコントラストを変えたり、カラーも自分好みに選べます。

 

虹の作例

ISO125 23.73mm 1.3ev f/3.2 1/160

ISO125 25.7mm 1ev f/2.8 1/250

ISO125 25.7mm 1ev f/4.5 1/100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。