おすすめネガフィルム

【RICOH R1s】作例とレビュー,リコーGRシリーズを徹底比較!その1

GRの原型、初代フィルムカメラR1の進化「R1s」

1995年11月発売。

30mm F3.5(ワイドパノラマ時は24mm F8)リコーレンズを搭載。

世界で5つのグランプリを獲得したという初代R1を改良したカメラ「R1s」

 

フィルムを使うコンパクトカメラの中では、画期的な25mmという薄さ。

のちに、伝説的なコンパクトカメラGR1の元となります。

 

ポケットに入る軽さ

「ワイシャツのポケットに入る薄いボディ」と称されたR1s。

幅117mm 高さ61mm 奥行き25mmの145g。

軽さを重視したためか、ボディの質感は少しチープな印象ですが、スナップには快適な重さ。

 

レンズが出てもこの薄さ

 

ワイドパノラマ

発売当時、人気を集めたワイドパノラマが撮影できます。

30mmF3.5のレンズから、スイッチひとつでワイドパノラマが撮影可能な24mm F8にシフト。

 

24mmの広角が気持ちいい写り。ワイドパノラマにすることで広い景色を撮りたくなります。

RICOH R1s FUJI REALA ACE100

 

その他の仕様

R1sの良いところは、フィルムを最初に全て巻き取ってから撮影されるシステムを搭載している点。

撮影中にフタが開いてしまっても焦ることはありません。

 

MODEの表示がかわいい

 

電池はCR2一本



R1s作例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。