おすすめネガフィルム

【FUJIFILM KLASSE】作例とレビュー,最後で最高のコンパクトフィルムカメラ

最後で最高のコンパクトフィルムカメラ

FUJIFILMが生み出した最後のコンパクトフィルムカメラKLASSE。

フィルムカメラ初心者にも使いやすく、操作性抜群。

28mm広角レンズを搭載したKLASSE W、ポートレートにも十分使える38mmレンズをもつKLASSE Sの2機種を展開。

デジカメ全盛期の今、幅広い世代のカメラユーザーから圧倒的支持を得たカメラです。

 

SUPER-EBC FUJINONレンズ

KLASSE W、KLASSE SともにF2.8の明るいフジノンレンズを搭載。

KLASSEが人気を集める理由は、コンパクトながらも開放絞り値F2.8の美しいボケが得られること。

信頼のおける描写性能はオートフォーカスでどんなシャッターチャンスも逃しません。

 

抜群の操作性

KLASSEの良いところは、無駄がないこと。

シンプルなデザインで必要な動作が感覚的に行えます。

ボディの程よい厚みが安定した撮影を可能にしてくれます。

 

絞り優先AEも操作しやすいダイヤル。



KLASSE、GR1sの比較

KLASSE SとGR1sを比較してみました。

KLASSEの方が一回り大きめ。

フロントのデザインはユーザーの好みが分かれるところ。

 

GR1sは控えめで上品な佇まい。

KLASSEは堂々としたカメラらしい雰囲気。露出補正ダイヤルが良いアクセントになっています。

 

ボディの薄さはGR1sに軍配があがります。

GR1sは限りなくフラットなデザイン。

持ちやすさや操作性はKLASSEの方が長けているといって良いでしょう。

 

サイドのデザインは大差なし。

どちらもシックでグリップしやすいフォルム。

 

KLASSE作例

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。